カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
topkuscgi
HOME > 暮らしの中の炭 > 木酢液・竹酢液の利用法

商品一覧

説明付き / 写真のみ

1件〜3件 (全3件)

このページからまとめてカートに入れることができます。
ご希望の個数を指定して「まとめてカートへ」ボタンをクリックしてください(※購入決定ではありませんので、数量は後で変更できます)。

su

購入数

【自社製手作り】HIYORI(自然工房日和)A0014精製木酢液500ml

540円(税込)
木酢液とは木炭を作る時に採れる樹木のエキスです。
木酢液は従来染料、燻液、消臭剤、昆虫・小動物の忌避剤などで使われていましたが、土壌の改良・消毒・防虫・防菌、農業・園芸・果樹・医療・工業分野などでの開発が進められています。最近では美容やガーデニングなどの分野で人気が高まっています。

木酢液の利用法
原液は大変協力です、通常は水に希釈して使います。使い方のこつは、なるべく薄くして回数を多くすることをお薦めします。<br>
木酢液は様々な用途で使われています、人工的に作られた化学薬品ではありません、自然の産物ですので、使い方によっては毒にも薬にもなります。既に常用している経験者に聴くなり、使い方を書いた書物も多く出版されています、もしくは弊社にお問い合わせ頂き、充分な知識を得て正しく使われることをお薦めします。<br>
使い方の一部を紹介いたしますと、お風呂では、家庭用の浴槽は200リットル程の大きさですので、液の量は普通の人で30ミリリットル程です、肌に疾患がある人でも50ミリリットルほどで充分です、洗面器にキャップ一杯の液を入れ、上がり湯に使ったり髪をすすぐのに使えばより効果的です。他にも、キッチンの消毒・殺菌、ガーデニングでの害虫対策、土壌改良、作物の栽培など様々な用途で使われています。<br>
木酢液の見分け方<br>
透明度の高い物がよい、濁ったり汚れて見えるものは不良品です。<br>
液の色は黄褐色か赤褐色が良い、黒っぽい浮遊物が見えるものはタール分が多く含まれているので使い方に注意が必要です。<br>
炭材をはっきりと明記している物がよい、廃材から採れる液には化学物質が含まれている可能性があり、不良品です。<br>
液の採取温度は80度から150度までの物が良い、炭化の過程で最初は水分が多く含まれ、最後はタールが多く含まれています。入浴用とか農業用とか表示されていますので用途にあった液をえらびましょう。<br>
su

購入数

【自社製手作り】HIYORI(自然工房日和)A0015精製木酢液1000ml

972円(税込)
木酢液とは木炭を作る時に採れる樹木のエキスです。
木酢液は従来染料、燻液、消臭剤、昆虫・小動物の忌避剤などで使われていましたが、土壌の改良・消毒・防虫・防菌、農業・園芸・果樹・医療・工業分野などでの開発が進められています。最近では美容やガーデニングなどの分野で人気が高まっています。

木酢液の利用法
原液は大変協力です、通常は水に希釈して使います。使い方のこつは、なるべく薄くして回数を多くすることをお薦めします。<br>
木酢液は様々な用途で使われています、人工的に作られた化学薬品ではありません、自然の産物ですので、使い方によっては毒にも薬にもなります。既に常用している経験者に聴くなり、使い方を書いた書物も多く出版されています、もしくは弊社にお問い合わせ頂き、充分な知識を得て正しく使われることをお薦めします。<br>
使い方の一部を紹介いたしますと、お風呂では、家庭用の浴槽は200リットル程の大きさですので、液の量は普通の人で30ミリリットル程です、肌に疾患がある人でも50ミリリットルほどで充分です、洗面器にキャップ一杯の液を入れ、上がり湯に使ったり髪をすすぐのに使えばより効果的です。他にも、キッチンの消毒・殺菌、ガーデニングでの害虫対策、土壌改良、作物の栽培など様々な用途で使われています。<br>
木酢液の見分け方<br>
透明度の高い物がよい、濁ったり汚れて見えるものは不良品です。<br>
液の色は黄褐色か赤褐色が良い、黒っぽい浮遊物が見えるものはタール分が多く含まれているので使い方に注意が必要です。<br>
炭材をはっきりと明記している物がよい、廃材から採れる液には化学物質が含まれている可能性があり、不良品です。<br>
液の採取温度は80度から150度までの物が良い、炭化の過程で最初は水分が多く含まれ、最後はタールが多く含まれています。入浴用とか農業用とか表示されていますので用途にあった液をえらびましょう。<br>
su

購入数

【自社製手作り】HIYORI(自然工房日和)A0016精製竹酢液500ml

648円(税込)
竹酢液とは竹炭を作る時に採れる竹のエキスです。
竹酢液は木酢液と同様な使い方をします。木酢液が主に農業用に使われていますが、竹酢液は美容やお風呂用などの分野で人気が高まっています。

竹酢液の利用法
原液は大変協力です、通常は水に希釈して使います。使い方のこつは、なるべく薄くして回数を多くすることをお薦めします。<br>
竹酢液は様々な用途で使われています、人工的に作られた化学薬品ではありません、自然の産物ですので、使い方によっては毒にも薬にもなります。既に常用している経験者に聴くなり、使い方を書いた書物も多く出版されています、もしくは弊社にお問い合わせ頂き、充分な知識を得て正しく使われることをお薦めします。<br>
使い方の一部を紹介いたしますと、お風呂では、家庭用の浴槽は200リットル程の大きさですので、液の量は普通の人で30ミリリットル程です、肌に疾患がある人でも50ミリリットルほどで充分です、洗面器にキャップ一杯の液を入れ、上がり湯に使ったり髪をすすぐのに使えばより効果的です。他にも、キッチンの消毒・殺菌、ガーデニングでの害虫対策、土壌改良、作物の栽培など様々な用途で使われています。<br>
竹酢液の見分け方<br>
透明度の高い物がよい、濁ったり汚れて見えるものは不良品です。<br>
液の色は黄褐色か赤褐色が良い、黒っぽい浮遊物が見えるものはタール分が多く含まれているので使い方に注意が必要です。<br>
炭材をはっきりと明記している物がよい、できれば国内産の方が安心です、国内産であればほとんどが孟宗竹か真竹です<br>
液の採取温度は80度から150度までの物が良い、炭化の過程で最初は水分が多く含まれ、最後はタールが多く含まれています。入浴用とか農業用とか表示されていますので用途にあった液をえらびましょう。<br>
このページからまとめてカートに入れることができます。
ご希望の個数を指定して「まとめてカートへ」ボタンをクリックしてください(※購入決定ではありませんので、数量は後で変更できます)。

1件〜3件 (全3件)

ページトップへ